懐かしいバイトの発生練習

昔、ガソリンスタンドでバイトをしていた頃、「バイトの基本は声を出すこと」と言われたことがあります。
大きな通り沿いのスタンドだったので、よく道路脇に立たされて発声練習をさせられたものです。
今でこそセルフ型のスタンドが増えたのであまり見かけなくなりましたが、先日、仕事で地方へ向かう最中に久しぶりにそういうのを見かけました。

ちょうど隣県に入るか入らないかぐらいだったと思うんですけど。地元ではないので土地勘があまりないのではっきりしませんが、確かそのあたりのガソリンスタンドで。多分新人のバイトさんなんでしょうね。
通りに面した場所にお立ち台みたいなものがありまして、そこに立って「いらっしゃいませー!!」「ありがとうございましたー!!」と発声練習をしていました。
いやいや何か懐かしいもので、学生の頃を思い出しました。確かにバイトに入りたての頃って、そういう声を出すのが何か気恥ずかしくて、なかなかできないんですよね。そこがまず一つの関門と言いますか。

しかし何と言いますか、まだこういうのあったんですね。もうとっくに無くなっているものだと思っていました。
少なくとも都内では見かけない光景ですから。地方だから?いやそんなこと言ったらその土地の人に怒られそうですね。
ある意味、古き良きバイト文化ですから、できれば残ってほしいところですけどね。これも時代の流れで無くなってしまうのでしょうかね。
とにかく久しぶりにいいもの見せてもらいました。

Leave a Reply

free blog themes